プサコキッチンは無添加ドッグフード、安全安心、新鮮なドッグフードを販売しています。お問合せ/ご注文 TEL&FAX 03-3479-0868

プサコキッチンの無添加のドッグフード : よくある質問

HOME > よくある質問

玄米胚芽とありますが、玄米は使っているのですか?

玄米を使用することはありません。なぜならば、玄米ですと「ヌカ」が多くなり、実際、栄養価の高いのは玄米の中の小さな胚芽の部分のみです。 「ヌカ」繊維が豊富なので人間には良いとされますが消化はよくないのは皆さん周知のとおりです。  愛犬には最も消化が悪く、負担をかけてしまっている場合が多いと考えます。 当店で使用しているのは消化の良い白米、と栄養価の高い玄米の中のポチっと小さな胚芽の部分のみを使用しております(玄米を使用と間違われやすいです) ヌカは消化が悪い上、玄米全部ヌカも一緒に使用することはカサも増せ、安価にたんぱく質値も上げる事が出来ますが、愛犬の身体を一番に考える当店では新鮮なお肉やお魚でのたんぱく質が1番だと考えます。 フードは愛犬の大切な食事です。スカスカの栄養でただ単にお腹が満たされれば良いという考えでなく、何年か先も健康に保つ身体づくりはしっかりとした中身、配合の毎日の食事であり、日々の積み重ねと考えるべきです。

果物って犬にあげていいんですか?

まず、果物には糖分がたくさんある事を意識してみてください。当然、ワンちゃんには過剰にあげてしまうのはよくない事とわかりますね。ですので全くあげてはいけないというのではないのですが、甘みがあり、好むワンちゃんが多く、多く混ぜれば食が進むというのも事実です。しかし、毎日の食事に毎回、摂取することは望ましくない!事はみなさん周知のとおりで、糖分の摂りすぎになってしまうので注意しなくてはいけません。「何事も過ぎれば悪になってしまう」という事は避け、私たち飼い主がもっとも気をつけてあげたいものですね。

開けてビックリ、フードが緑色っぽく見えるのはなぜですか?

ふーどの色はズバリ食材その物の色です。高価な各食材の配合量をきちんと多く入れている証拠でもあります。食材各一つ一つ、新鮮な食材ですので薄い色が多いなか、大麦若葉やケールなど緑色の食材の色が入ると緑色が強くでってしまうようです。逆に少ししか入っていないとこのようにはなりません。食材そのものから栄養をとるにはしっかりとした量の食材摂取が必要です。スカスカな食事では何年か先までの健康は保てません。もともとある免疫力を無くす事のないように全てのワンちゃんが過ごしてくれたらと願うばかりです。最愛の家族の事は私たち人間が守ってあげたいですね。

国産なの?

はい。店内で製造、販売しています。
眼に見えない工場への委託やインターネットのみの販売でなくお客様に安心していただけるようにお店を構え、少量ずつしか出来ませんがそのお店の中で心をこめて手作りしています。余談ですが以前はパン屋さんと間違えられたこともあります。

何処の何のお肉を使っているのですか?

ディアワンの「馬肉」「ヘルシー」は熊本県産の馬刺しをそのまま使用しています。
また、ディアワンの「チキン」は国産の美桜鳥です。
人間用の新鮮な良質食材をを使って作っています。
使用している食材はすべて記載させていただいています。

保存料を使っていないとフードの賞味期限はどのくらいなの?

当店のフード、ディアワン・ディアニャンは保存料を使用していませんが、150度の熱風で焙煎し、乾燥させて水分量を5%以下にすることにより未開封で賞味期限6ヶ月です。涼しい場所に保管するなど保管場所にも気をつけてください。
開封後は冷蔵庫で密閉した容器での保管をお勧めします。1ヶ月以内の出来るだけ早めに食べきるようにしてください。
ひとつひとつ丁寧に手作業により、人間の眼で確認しながら作業しております。

どのくらいの量をあげればいいの?

フードの給与量はその子その子によって適量が違います。
その子の活動量、運動量、年齢、避妊している・していない等によっても給与量の適量は微妙に違ってきます。
記載させていただいている給与量は目安と考えていただいてその子の状態や体重の推移を見ながら加減していただくのがベストと思われます。

犬にもアレルギーってありますか?

はい。人間と同様、最近はアレルギーのワンちゃんが多いのが現状です。
食べ物アレルギー、植物アレルギー、ハウスダスト等々。
人間同様、その子のアレルギーを除去することがベストですが、何のアレルギーであるのか見つけるのは難しく大変なことと思われます。その専門家であるお医者さまに一度ご相談されると安心なのではないでしょうか。
また、当ホームページでもパートナーの健康をみんなで考えていきたいと思っております。パートナーの健康を考えるコーナーもご参照ください。

猫のおやつは別なの?

基本的にネコちゃんは肉食でありますが、ネコちゃんの食の好みは難しいと思われます。
硬いものよりも柔らかいもの、水分、味の好み、好き嫌い、新しいものに対してすぐには受け付けない等々、といった好みがはっきりしているネコちゃんが多いですね。
(飼い主さんがネコちゃんの食に対して難しいと感じる一番の理解者ではないでしょうか)
当店のおやつは新鮮な人間用の食材を使用していますのでネコちゃんにも与えていただけます。硬いものが苦手なネコちゃん用に細切りにしたマグロやフリーズドライのササミや鶏レバーがネコちゃんの飼い主さんに多く選ばれています。
ネコちゃんの好むおやつを選んであげて下さい。
尚、あくまでもおやつは嗜好品として考えていただいて与えすぎには十分ご注意ください

お留守番の時にあげられるおやつは何がいいかしら?

万が一の時を考えて、お留守番の時など飼い主さんが居ない状態の時にガムなどの食べ物を与えないようにすることをお願いしています。食べ物を飲み込んでしまう習性のワンちゃんなどはかなりおやつが大きい状態でも飲み込めると自分で判断してしまうとつい飲み込んでしまい、怖いことに喉につまってしまう可能性が0ではないからです。
愛犬が食べ物を飲み込んでしまい苦しそうにして吐き出したり、お腹に飲み込んだりする姿を見られた飼い主さんも多いのではないでしょうか。吐き出したりお腹に入ってくれればまだいいのですが、喉に詰まったまま息が出来ない状態が一番怖いことです。