プサコキッチンは無添加ドッグフード、安全安心、新鮮なドッグフードを販売しています。お問合せ/ご注文 TEL&FAX 03-3479-0868

プサコキッチンの無添加のドッグフード : ワンちゃんの健康を考える

HOME > ワンちゃんの健康を考える
アレルギーについて

「うちの子アレルギーなんです。アレルギーに良い食べ物ってどれですか?」
という声を多く耳にします。

事実、人間と同じようにアレルギーで悩まされているワンちゃんは本当に多いですね。
痒がったり、皮膚が赤くただれたり、目やにが多く出たりとワンちゃんの場合でもアレルギー症状の出方は様々です。
「今、アレルギーにいいって言われるフードを食べさせているんですけど、なかなかカユカユが治らないみたいで」とおっしゃるお客様に「このワンちゃんは何のアレルギーがあるんですか?」と聞くと「何のアレルギーかわからないけど、アレルギー用って書いてあるものを食べさせているんです」というお答えが多くあります。
人間も同じように、現代社会でアレルギーに悩まされている方が多くいらっしゃいますね。

花粉、ハウスダスト、食物アレルギー etc・・・
いろいろな環境や物に対してアレルギー反応が現れています。

人間も人それぞれ反応するものって異なっていますよね。花粉の人はマスクや眼鏡をしたり、ハウスダストは埃をためないようにきれいに掃除したり、食べ物だったら除去食にするという対処方法がとられています。
人間に例えるとわかると思いますが、やっぱりワンちゃんネコちゃんも同じことだと思います。
アレルギーの反応を出にくくするには、出来る限りその原因をブロックしたり除去していかないと身体に反応がでてしまうのは人間と同じです。

つまり、人それぞれ、そのワンちゃんネコちゃんそれぞれ!
個々に個性があるようにそれぞれに反応が違うのです。

食べ物でいえば、オールマイティでなく、個人個人に反応してしまうアレルギー物質を除去していく、その子にあった対処法が必要なのではないでしょうか?

とはいっても何のアレルギーかを普通に探すのは至難の業です。(今はお医者さんでワンちゃんのアレルギーも細かく診断できるそうですので相談されては・・・)
今までミルクを飲んでいた赤ちゃんにとっては食物という今までとは違う異物が身体の中に入っていく事になります。

犬の赤ちゃんも人間の赤ちゃんと同じように離乳後、ひとつひとつの食材を体に取り入れていくのが良いとされています。

環境やその他の要因もあると思われるので、すべてのアレルギーの原因がそうとは限りませんが、アレルギーの要因として、早めの離乳に加え何十種類も食材が使われている総合栄養食のドックフードをいきなり食べることにより、一気に何十種類の食材に対応しなくてはいけなくなり、対応しきれなかった食材にアレルギー反応として出てしまうのも一要因とも言われます。

パートナーである愛犬、愛猫にとって何が最良なことなのか、今一度、食べ物の質や中身を見直してはみませんか?